中絶手術の基礎知識〜安心クリニックパーフェクトガイド〜

woman Complex

リスクと負担

中絶手術をする時には、女性の身体にも負担がかかります。現代では、中絶手術の技術も進歩されているので、適切な処置を受けることができます。また、適切な知識をつけることで安心して行えます。しかし、手術の性質、何らかのトラブルになる可能性がないとはかぎりません。そこで手術をすることでどんなリスクがあるのかを知っとくことが大切になります。

初期中絶の場合には、6週から11週まで中絶手術を行うことでいくつかリスクがあります。手術をすることで静脈性の全身麻酔をうつことが多くあります。患者の中には、体質やアレルギーを持っている人もいます。そういったことが原因で、一時的に呼吸が止まることや血圧がさがることなどがあります。これは、中絶手術だけでなく、他の手術でも関係することになります。

初期中絶手術を行うときのリスクとして子宮内を傷つけてしまう可能性があります。初期中絶の場合は、子宮内に器具を入れて胎嚢を掻きだす方法と器具を使って吸引する方法のどちらかで行うことになります。それの器具をつかうことで子宮内に細かなキズをつけてしまい、そこから感染症が起こることもあります。また、稀なケースとして、子宮内に穴を開けてしまう子宮穿孔になるリスクも考えられます。
さらに、手術の時に子宮内に胎児の組織を残してしまい、術後に長期間出血が続く、子宮内遺残というトラブルに合う可能性もあります。
初期中絶手術といっても女性にとって大きな負担を掛けることとリスクをかけてしまいます。このことを知っておくことが大切になります。

↑ PAGE TOP